こうへいのちちの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS リスクマネジメント(2)

<<   作成日時 : 2007/12/09 00:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

何のことはない、会社の愚痴である。この手の内容が嫌な方は読まないでいただきたい。

現在の建築業界の中でも建築構造設計分野は異常な状態が続いている。
@耐震偽装問題を契機とする建築基準法の改正及びその後の建築構造設計の大混乱
A建築構造設計者の業務が多忙を極めていることによる人手不足
B国の施策として既存建物の耐震化を進めていることによる、耐震診断及び耐震改修業務の激増

以上のトリプルパンチ状態によって、建築構造設計に携わっている方達の業務が多忙を極めている状態にある。
加えて、建築業界の中では建築構造設計に携わっている者は僅か5%程しかいないという問題がある。(土木の方には信じられないと思うが・・・)
この「少数民族」に多大な負荷が掛かっているから大変である。また、「少数民族」故に現状の問題が中々理解されない現実もある。

建築はほとんどの場合、意匠設計者が建築意匠(プランニングやデザインなど)とプロジェクトのマネジメント業務を担っており、建築構造設計者は意匠設計者のデザインイメージを実現するために構造計画を行うことになり、どちらかと言うと従属的な立場にある。

さらに、当社の場合はここ数年ようやく新規採用が出来るようになった途端に意匠設計者だけの補充を行い、構造設計者はほったらかされていた。
そのつけが、ここに来て「大問題」になっている。正確に言うと、私は「大問題」と思っているが、会社の上層部は「大した問題では無い」と思っているふしがある。
私を含めた建築構造設計担当者は僅かしかおらず、リスクマネジメント上も大変な問題だと思っている。

私が最も危惧しているのは「構造設計ミス」である。今まで以上に構造設計の厳格化が求められる世の中で設計ミスや施工ミスは会社の致命傷になりかねない問題である。

今までは、色々我慢をしていた部分があったが、ここに来てきちっと「主張」しなければならないと強く思っている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
リスクマネジメントの考え方
リスクマネジメントとは、「リスクが現実のものにならないようにするための対応策を予め考えておく」、「問題が起きたときに何をするかあらかじめ考えておくこと」ということになります。近年、企業を取り巻く環境はますます厳しさを増し、リスクは広汎かつ複雑なものになり、さらに重大な損失や影響をもたらすリスクも多くなって きています。したがって、リスクの認識や管理に不充分なことがあると、企業の目的や目標の達成はおろか、企業経営に甚大な影響をきたし、企業の 存続も危ぶまれる事態も生じ得ることとなります。 ...続きを見る
人材活用を支援する社会保険労務士,<st...
2008/01/09 17:27
上司・リーダーシップとは「こうあらなければならない」というプレッシャーに悩んでいる方は是非お読み下さ...
「上司」という仕事のつとめ方 松山 淳 (著) 実務教育出版「上司」について書かれている本というと直ぐに「上司はこうあるべきだ」「こうやってリーダーシップを取って行くべき」みたいなことが書かれています。特に、歴史の偉人を引き合いに出したリーダーあるべき論などを読んでしまうと、「自分ではとてもこんなにできない」とか「こうならなければいけない」というプレッシャーばかり感じてしまい、あるべき姿と自分の状態のギャップに悩まれる方も多いのでは無いでしょうか?しかし、この本は違います。「... ...続きを見る
中年サラリーマンお父さんもりもりのビジネ...
2010/02/27 13:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
初めての投稿となります。
私のブログでも孤軍奮闘という題目でわが社の失態というか、愚痴を書きました。グループリーダー(以下GR)の業務管理能力が無いのか、管理職の手当をもらいながら、業務の段取り、人員配置をしないのです。また、GRになると実務をしなくて良い と言うような風潮がある。
おかしな会社です。当然、部長は実務をしません。我が部署は、6人しかいないのに!!資格取得がこのような体制を少しでも、改善されればと思っていますが、今のところ、改善は見られません。ということで、私が自らマネジメントするには、総監かなと思い受験を決意したわけです。どこの会社もいろいろあるのでしょうね?? 組織とは難しいですね..
よっしー1号
2007/12/09 21:49
よっしー1号さん 気に掛けて頂いてありがとうございます。
本日、意を決して部長(所属長)に話をしてみました。
意外にも? 構造設計スタッフ採用の件、設計ミス防止のための取り組みの重要性とチェック体制の確立、少人数の構造スタッフで乗り切るための提案などは概ね同意見でした。
どうやら、その下の次長の動きが良くないと言う事が分かりました。
しかし、建築構造設計者の慢性的な人手不足や構造系の業務激増の状態は今後も続きそうですし、すぐに解決できない問題ばかりである事に変わりはありません。
しかし、自分の思っていることを主張したことで、随分気持ちは楽になりました。
最初はネガティブな事(何故こんなに仕事が多いんだとか、どうしてこんなに人が居ないんだとか)を言おうかとも思ったのですが、それを口にしても前には進まないと思い直し、現状を良い方向に打開できそうな主張をしたつもりです。
よっしー1号さんと私は、境遇が似ているような気がします。
会社ではなかなかうまくいかない事も多いですが、気持ちだけは前向きで居たいなと思っています。
こうへいのちち
2007/12/11 00:53
 わたしが所属する部もここ2年は採用ありません。逆に事業環境の将来性に悲観したのか、30代の社員が2人辞めてしまいました。(ひとりは建築事務所へ、もう一人は法科大学院へ入学です。)わたしの所属するグループは8人なのですが、最年少は31歳になってしまいました。(全員が技術士になってしまったので、技術士のありがたみみたいなのは薄れちゃってますね。)

 ありがたいことにわたしの直属の上司は技術面、管理面、ともに優秀な方で人望もあつく恵まれているな〜と思います。管理職ではあるんですが、どちらかというと実務の方が好きなようで野球で言ったら選手兼任監督といった感じです。「代打、おれ」的によく実務に参加してくれます。(部下がもたもたやっているのがじれったいんだろうな〜。)

 ちなみにわたしは「代走、キミ」みたいなもんですね。う〜ん、精進せねばな〜。
 
Noah
2007/12/12 00:25
Noahさん こんばんは
私が上司対して「あーして欲しい」とか「こうして欲しい」などの要求や不満を持っているのと同様に、私の部下から見れば、私も同じように映っているかも知れませんね。
私も部下から信頼される上司になるように努力しているつもりですが・・・
なかなか上手くいきませんね〜。

こうへいのちち
2007/12/12 01:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
  1. 無料アクセス解析
リスクマネジメント(2) こうへいのちちの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる